未分類

キャビテーションのやりすぎが体に与える影響

投稿日:

痩せたい部分に超音波を当てるだけで、脂肪細胞が乳化され体外に排出され、高い痩身効果を得られるキャビテーションは、新時代の痩身法として注目を集めています。脂肪吸引のように、メスやカニューレを使った大掛かりな手術ではなく、30分程度の短い施術で、入院の必要がない手軽さも人気を高めています。

また、キャビテーションは1回でも高い痩身効果を得られ、即効性があるのが特徴ですが、週に1回の割合で、6回ほど継続して行うと、理想的な痩身効果が得られるとされています。しかし、欲を出して、キャビテーションをやりすぎてしまうと、体に大きな負担をかけすぎ、健康に影響が出てしまう場合もあります。キャビテーションを行うと、分解された脂肪は浮遊脂肪酸となり、燃焼されやすい状態となります。

そのため、体はその浮遊脂肪酸を燃焼しようとフル稼働するのです。また、燃焼されないかった浮遊脂肪酸は、老廃物として体外尿として排出されるので、肝臓にも負担がかかり、その機能に影響を与えてしまう心配もあります。

キャビテーションの施術を受ける時は、やりすぎに注意して、週1回のペースで行うようにするのが賢明です。エステサロンやクリニックのスタッフに、相談しながら行うのが良いでしょう。

-未分類

Copyright© キャビテーションエステ口コミ比較 , 2020 AllRights Reserved.